全科目成績保証

VICの成績保証制度

成績に対する責任!

一般の学習塾

どの塾も「成績を上げる」ということを目標に掲げていますが、それに対する責任を明確にしている塾はありません。「成績を上げる」ことは結局各生徒の努力次第になり責任を塾が負うことはありません。

VIC

VICでは「+20点」の目標を掲げます。ほとんどの生徒はクリアしますが、万が一達成できない場合は3学期目の授業料を全額免除にして、成績が上がるまで「とことん」指導を続けていきます。「成績を保証すること」が塾の責任と考えています。

教えるという事!

一般の学習塾

室長が授業をせず管理のみという塾は多くあります。講師が学生だけという塾も少なくありません。こうした場合、生徒の把握が万全では無い事はもちろんですがしっかりとしたノウハウが無いので講師により指導効果にバラつきがでます。

VIC

室長・塾長はもちろん授業をしていますのできめ細かい生徒の把握が出来ます。生徒一人ひとりの個性に合わせた指導をしていきます。専任講師が85%以上なので一貫した体制が実現可能です。残り15%の学生講師も研修を修了した選りすぐりの講師です。

+20点驚異の達成率!

一般の学習塾

指導時間は1科目週1回1〜2時間程度です。この指導時間では成績は上がりません。家での予習復習をしっかりやる生徒さんは成績が上がるでしょうが、家庭学習を行わないと理解は定着せず、成績は上がりません。

VIC

定期テスト前に無料のテスト前授業を(個別指導)で2回以上実施致します。またテスト2週間前から自習も含めて毎日塾で勉強することができます。圧倒的な学習量で成績アップを実現させます。VICは+20点目標達成までとことん指導していきます。

各教室よりお知らせ

個別指導VICよりお知らせ

個別指導VICの基本理念

子供たち一人ひとりは、それぞれ大きな可能性を持っています。
勉強でも、それはまだ小さな芽にすぎません。
その小さな芽を大きな樹木に育てていくために個別指導VICは
すべてを考え、すべてに行動します。
そんな想像力豊かな子供たちの将来に向けて、架け橋をしていきたいのが
学習塾・個別指導VICの社会的責任だと考えています。

この情報化・IT化の時代の子供たちの今の状況はどんなものなのでしょうか?
我々の子供の時とは違う原風景が子供たちを覆っていると思います。
インターネット普及してからさらにそれは加速しています。
以前は一つの事を調べるのに物凄い労力を費やしました。
今はとても簡単に数秒で情報を得ることができます。
プロセスを通過せずに簡単に答えが出てしまう。
これは子供たちが、知識を得ていく手段としては短時間に情報が得られる効率的な手段だと思います。一方でプロセスを無視して答えだけ得ることになりとても不幸な事だと考えます。苦労せずして答えが出る。これは学習とは言えません。
多種多様の情報の中で混乱・錯綜している子供たちの姿が見えます。
そんな世の中の状況の中で子供たちに対して私たちはどんなことができるでしょうか。

個別指導VICは考えます。

多くの情報をいかに冷静に判断し、分析していくか?
その中心となる自分をどのように作り上げていくか?
またその情報を自分のため。社会のためにどのように生かせるか?

これらが、今後ますます多岐にわたるIT社会を生き抜くために
重要な要素だと考えます。

個別指導VICは考えます。

そのために必要な事は何か?
基本に戻って、いかに基本を学びとるかが重要なアイテムであります。
クリック一つで答えが出てしまう時代です。
基本・それに至るまでのプロセスを学ぶ・そこまでに行きつく計画性を学ぶ
またそこに至るまでの大変さを経験する。

基本を学ぶことがとても難しい時代になっている時代だからこそ、
基本に忠実な姿勢を養う。
安易な方法で答えが出てしまう時代だからこそ、
苦労して答えを出す姿勢を養う。
我々は、この姿勢を身に着けとことん努力を続けられる子供たちを
一人でも多く養成していきたいと考えています。

個別指導VICは以下の事を提案し実行いたします。

個別指導VICの指導方針

1正しい生活習慣の徹底
勉強塾の時間は1週間で1回~3回程度 1回80分です。
塾で勉強する時間は1週間で換算すると全体時間(睡眠時間除く)の10%に過ぎません。この10%で生徒の実力をつけることは不可能です。
必然的にその他の日常時間・生活習慣・日常の時間の使い方まで教えていかないと成果を出せません。

≪日々の学習時間・時間の使い方・課題の徹底・挨拶の励行・日常の生活態度
言葉の使い方・約束を守る姿勢・時間厳守・携帯電話の使い方≫
これらの事柄は、ほとんどが塾の時間以外で身についてしまう内容です。
これらの基本的な生活姿勢が乱れていきますと、学習効果には大きな影響を及ぼします。
個別指導VICは≪実力をつける、成果を上げる≫ためには、この正しい生活習慣が徹底していかないと、私たちのやることの意味がなくなると考えています。
まず入塾して頂く生徒には三者面談を行い、これらの要素を正しく行っていただくかを
説明していきます。

2成績を上げるためのノウハウがある=成績保証プロ講師
入塾して、勉強を始める。勉強が進む。でも自分の課題、目標がはっきりしないと
子供のやる気も起きません。中学受験・高校受験・大学受験は、それぞれ目標として
大きな目標となりますが、それだけでは目標として充分ではありあせん。今、目の前に
ある課題を解決していくことをクリアしていかなければ、やる気は起きません。
個別指導VICでは年4~5回必ず実施される学校内定期テストに照準を合わせます。
定期テストの結果(内申点)の定着が実力をつけると考えます。
まず身近な目標定期テストの点数アップを目指します。特に公立中学校の生徒様には
20点アップの成績保証制度を設けています。
平成29年11月現在では98.4の生徒がこの成績20点アップをクリアしています。
なぜ?ここまでの数字が達成できたのでしょう?
これは≪学習ができる生活習慣の徹底+VICのプロ講師指導≫が答えです。
現在、ほとんどの学習塾は≪大学生講師≫が主力です。確かに学生は豊富で新鮮な知識を持っています。ところが、指導能力・コミュニケーション能力・モチベーションの起こし方に関しては素人です。プロではありません。教える力を持っていない講師では成果は上がりません。個別指導VICは本来あるべき学習塾の在り方を大事にしています。ですから代表・室長自ら指導にあたっています。また、現役私立校講師・研究室生など専任講師が指導しており、学生が指導することはありません。プロの講師のきめ細かい指導で子どもたちに向き合って指導しています。

≪分かったという実感≫→≪身近な目標のクリア≫→さらいやる気が起きる→≪さらなる成績向上≫→≪大きな目標のクリア≫というプロセスを大事にすることで成功のスパイラルを作り上げていきます。達成率98.4%の子供たちはこのプロセスで目標を達成しています。個別指導VICはプロセスを大切にし子どもたちの成長を支えています。

3≪なぜ?≫という好奇心を育て、開花させる。
言われたことだけをやる人間では想像力は育ちません。
目の前の目標をクリアするために個別指導VICは全力を尽くしますが、
学習塾の使命はそれだけにとどまらないと考えています。
何のための受験でしょう。何のための勉強でしょうか?
それは大人になった時に世の中に出て、自分の力を発揮して少しでも社会に貢献するため
の準備なのです。
紙面上の問題・内申点・偏差値では測ることのできない自己改善能力の養成が必要です。
≪自分を引き上げる力≫≪なぜ?≫からが出発だと考えます。
VICは個別指導の形態にこだわります。
それは教師と生徒との相互コミュニケーションがあるからです。
個と個のぶつかり合いで、学習指導すると同時に生徒の≪なぜ≫を引き出します。
教師はすぐには答えを教えません。すぐ答えを教えると生徒は考えません。なぜ?そうなるのかをとことんまで考え、子ども自身でプロセスを経て答えを出すように導いていきます。答えを教えてしまえば、インターネットの検索と同じになってしまいます。決して詰め込み式・暗記式ではない思考方法を指導していきます。
また、各科目、勉強の方法が違います。そのことも十分理解させた上で勉強方法を考えていきます。
つまり、学習とはトラブル発生上での課題解決の方法を学ぶことです。
それは全て≪なぜ?≫から始まります。ITが急速に進んで入る昨今
子供たちはこの≪なぜ?≫に直面する機会が減っています。
とても不幸な時代です。大人になって何らかのトラブルが発生した場合、
ITでしか問題解決ができなくなります。
個別指導VICは≪なぜ?≫をとことん追求してきます。

●規律があって初めて自由がある。
今の子どもたちを見ていると規律の無い自由が多すぎると思います。
自由すぎて、便利すぎるので、自分で判断し、行動する力が欠けてきています。
個別指導VICはその子どもたちに基本の重要さを教えていきます。
また、考えることの重要さを指導していきます。
また常に≪なぜ?≫と問いかけのできる人間の養成を目指します。
客観的に自分を見つめられて、分析して自分に降りかかってくる問題に
勇気をもって立ち向かえる強い人間を育成していきたいと考えています。
個別指導VICは単なる一民間教育機関に過ぎませんが、人間の教育という
とても価値のある仕事をさせて頂いています。
個別指導VICに通って学習した生徒が少しでも私共の目指す≪人間の在り方≫を
体得して、想像力のある人間に育ってもらいたいと考えます。
将来自分の小さな芽を開花させて大きな樹木となり、自らの存在価値を大いに
発揮できる人間になってくれることを個別指導VICは切に願っています。

個別指導VIC 代表 成田博美