想像力豊かな子供たちの将来に向けて、架け橋になることが学習塾・個別指導VICの社会的責任だと考えています。

VIC通信 令和3年6月15日号

学習の悩み

 

早いもので6月も半ばを過ぎました。
主に私立中学や高校では中間テストの結果が出ており、公立中学では期末テスト/前期中間テストの時期を迎え、
生徒さん達は、より一層勉強に励んでいるところです。

 

そこで今回のVIC通信では、“繰り返し学習することの効果”をお伝えしたいと思います。

 

 

 

《英語が嫌いでも繰り返し学習すれば点数は取れる!》
恵比寿校室長より

 

高校生の英語の授業は、普段の授業は英文の和訳中心に進め、テスト前は再度、和訳の確認、熟語の確認、英単語を覚える作業などを繰り返し行っています。

 

都立高2年のAくんは中2の10月に入会し、現在もVICに通っています。部活三昧の中学校の頃は、テストの点数を上げることが難しかったのですが、高校生になり上記の方法で勉強するようになると、波はありますが、よくない時でも平均点以上、よい時には80点越えの点数が取れるようになりました。

 

また、私立の附属高に通う高3のOくんは、以前はVICで数学のみ受講し、テスト前だけ英語のテスト対策授業を取って数時間勉強していたのですが、その勉強方法だと20点台から30点台しか取れないことがわかったらしく、今年の1月から英語を2コマ受講するようになりました。

 

 

OくんはAくん同様に、繰り返しの勉強を徹底したところ、高2の3学期の期末テストでは初めてコミュ二ケーション英語で55点を取りました。
また、今回の中間テストでは、今まで勉強していなかった英文法も繰り返し学習しました。結果は52点でした。

今回はまだ取り組み始めたばかりなので高得点というわけにはいきませんでしたが、次回はさらに今回以上の結果が出せるよう、この勉強方法で頑張ってもらいたいと思います。

 

 

ふたりに共通するのは英語が嫌いで勉強してこなかったこと。そんな2人でも、普段の勉強に加え、テスト前に繰り返し勉強することで、点数が取れることがわかりました。やはり、繰り返し学習することがとても大事なのだとあらためて思いました。

 

これは英語にだけ言えることではありません。社会などの「暗記」科目を一夜漬けで頑張ったと満足そうに話す生徒さんがいます。しかし、テスト前1日でテスト範囲のプリント10枚を覚えられるわけがありません。社会こそ、
もっと前から繰り返しやらなければ身につかない教科です。「暗記」の要素が多い教科こそ早めに学習をはじめてもらいたいものです。(以上、恵比寿校室長より)

 

「わからない」「できない」とあきらめる前に、まず繰り返しやってみる。そこから見えてくるものは必ずあります。この「繰り返し」の大切さをあらためて生徒さん達に伝えていき、成果を実感してもらいたいと思います。

 

 

 

さて、今月のVIC通信はいかがでしたでしょうか。ご意見やご感想、個別指導VICについての詳細は、お近くの教室までお願いいたします。

 

 

学習の悩みマナビタスで解決

 

 

私たちが提案する新たな塾のカタチ「マナビたす」には、
質・量を兼ね備えた新しい「学び」のカタチがあります。

 

皆さんも一緒に学びませんか。

 

 

東蒲田校 Tel.03-5480-7755
恵比寿校 Tel.03-5728-4441
南品川校 Tel.03-6712-0022